安いLEDヘッドライトバルブはどうなのか?

MENU

安いLEDヘッドライトバルブはどうなのか?

LEDのヘッドライト用のバルブも種類が増えてきましたね。ヤフオク等のオークションサイトやカー用品店でも販売され始めてます。
有名なメーカーの商品もあれば、安いなぁどこなの?って言うのと様々あります。

 

色々調べてみると、LEDの球はCREEの物を使っていたりして信頼性はありそうなのですが、他の部分の作りは・・・ってのもありそうですね。

 

しっかりしたメーカーの物になるとそれなりの値段がするので安いものをオークションで買っちゃえと飛びつくのはどうなのでしょうね。

 

過去にHIDのバルブが流行りだしたときもそうだったのですが、流行り初めの時はどうしても有名処の商品は高くなりますね。

 

高いから安い訳の分からんところのHIDを買ってすぐに壊れて失敗した。なんてことも頻繁にありました。

 

LEDのバルブに関しても同じことが言えるのではないでしょうか?

 

LED自体は、流行りだして結構経ちましたので球(LED素子)自体の値段は昔に比べるとかなり安くなってます。でも、フォグやヘッドライトに使う専用のバルブとなるとまだまだこれからの話ですね。

 

最近のLEDヘッドライトバルブで主流になりつつあるのが、放熱用のファンが搭載されてるバルブ。

 

ネット通販で売られてる商品や、有名なところでもファンを搭載したバルブを採用してます。

 

同じようにファンを搭載した構造なら安いバルブでもいいかと思ったら、ちょっと考えますね。

 

LEDはCREE製を使用しても、ファンやその他のパーツがショボイとすぐに壊れる可能性が大ですよね。

 

放熱するためのファンがすぐに壊れたらCREEの良いLEDを使ってても意味ない気がします。

 

安心な物を求めるなら多少高くてもそちらを選んだ方がいい気がしますね。

 

 

完全に割り切って、壊れて当然の意識で買うならオークションなどで安いLEDのヘッドライト用バルブを買ってもいいと思います。当たりはずれはあるので、全部が全部すぐ壊れるわけではないですけどね。

 

ちなみに、ヤフオクではこんな感じで出品されています。

 

⇒ ヤフオクのヘッドライト用LEDバルブ

 

私なら、放熱用のファンが付いてない商品もチェックしますね。スフィアLEDヘッドライトのようにファンなしでヒートシンクのみで放熱できるなら、ファンが壊れるという事がそもそも無いのでファン有りよりも長持ちするんじゃないの?って思うからです。

 

安いヘッドライト用のバルブを選ぶ際には割り切った心構えが必要ですね。