純正HIDキットの寿命

MENU

純正HIDキットの寿命

最近の自動車やバイクには純正のHIDキットが最初から取り付けられているタイプの物が多くありますが、HIDライトの明るさがかなり明るいということで、HIDライトが純正では認められていないと思っている人も中にはいるかもしれませんが、純正でHIDライトが用意されているくらいなので、HIDライトの明るさは道路を走る上で許容範囲となっていますが、あまり明度が高いHIDライトになると車検に通らなくなります。
純正HIDキットの寿命は市販で販売されているHIDキットに比べると寿命が長いと言われていますが、これは純性HIDキットの場合はその車に対応するように作られているためで、様々な車に対応できるように作られたHIDキットに比べると、より少ない負担で高い効果が発揮できるようになっており、これのおかげで長寿命となっています。
純正のHIDキットは故障が少ないと言われていますが、新車で自動車を購入した場合に購入してから10年程度はHIDライトの交換が不要になっており、HIDライトの交換時期がきても、ライトを発する部分だけを変えることで、それから再び10年程度は使用することができます。
もちろんHIDキットやHIDライトによってはシステムなどの不具合が出ることもあるので、必ずしも10年の寿命が約束されるのかというとそうではありませんが、一般的に販売されているHIDキットに比べると寿命の長さは一目瞭然となっており、少しでも故障をするリスクを抑えたい場合は純性HIDキットがおすすめです。