ライトの色味からHIDを選ぶ

MENU

ライトの色味からHIDを選ぶ

HIDキットを購入してライトをHID化している人が増えていますが、HID化にするメリットとしてはハロゲンライトに比べると明るい光を照射することができるというメリットがあり、このHIDキットによるライトの明度はケルビン数と呼ばれる数字によってだいたい決まっています。
一般的なハロゲンライトだとライトが少しオレンジっぽい色だと思いますが、この場合のケルビン数は3000kに満たないくらいとなっていて、HIDライトの明るい白色ライトになってくるとケルビン数が軽く6000kを超えてくるようになりますが、さらにケルビン数が増えて10000kくらいになってくると白色の光から青味を帯びるようになります。
青色の光がカッコいいということで、HIDキットを購入する場合に青色の光が混じるくらいのHIDキットを選んで購入する人がいますが、8000kを超えてくるHIDライトになると色が白ではなく青と判定されるようになり、車検に通らなくなってしまう場合があるので、HIDキットの購入を検討している場合はケルビン数にも気を付けてHIDキットを選んでいく必要があります。
HIDライトで需要が多いのは6000kくらいのライトですが、6000kでもライトによっては少し青味を帯びて、車検に引っかかってしまう可能性があるので、少しでも不安に感じる場合は純正のHIDキットを購入して、装着をする場合も自分で装着するのではなく、普段車検を受けている自動車修理工場やディーラーに依頼して装着してもらう方が後から車検が通らないといったトラブルは少なくなっています。