12V車と24V車で違うHIDキット

MENU

12V車と24V車で違うHIDキット

自動車にHIDキットを装着する場合に気を付けたいのが、HIDキットの装着を検討している自動車が12V車と24V車のどちらかということですが、12V車の車に24V車のHIDキットを装着してしまった場合や24V車の車に12V車のHIDキットを装着してしまうと正常にHIDキットが働かない場合があるので注意する必要があります。
ちなみに一般的な乗用車のほとんどは12V車となっているので、HIDキットを探す場合はほとんどが12V車に対応しているHIDキットになっていますが、中には24V車ようのHIDキットが販売されている場合もあるので、事前によく調べた上で購入を検討するようにしましょう。
それぞれ違うHIDキットを装着してしまっても車そのものが故障してしまうということはありませんが、せっかく高いお金を払ってHIDキットを購入したのに、正常にHIDライトが点灯されないこともあるので、このようなミスが無いように確認しておきましょう。
24V車になってくるとトラックなどの大きな車がほとんどになってきますが、トラックやバスに限らず、商用車で少し大きなタイプの車になってくると24V車が増えてくるので、商用車にHIDキットの装着を検討している場合は注意する必要があります。
また、タイプの違うHIDキットを購入した場合は返品することもできますが、取り外しにかかるコストや取り付けにかかるコストを考えた場合に結構な損失となることも考えられるので、HIDキットを選ぶ場合はこの点にも注意して購入を検討しましょう。